記事一覧

FURLAが映像で魅せる3つのピュアアートの破片

アップロードファイル 7-1.jpgアップロードファイル 7-2.jpgアップロードファイル 7-3.jpg

シベリアンタイガー、氷上を舞い踊るアイススケーター、水のインスタレーション。何も関連がなさそうな要素だけど、実はこれらすべて冷たく洗練された冬を表現するエッセンス。まだまだ外は灼熱の太陽が照りつけるけれど、ファッション界の視線はもう繊細な秋冬へと向いている。そう感じさせる斬新なビデオアートの制作舞台裏を発表したのは、世界中のバックラヴァーを虜にするFURLA(フルラ)。

FURLAが2013-14AWコレクションのコンセプトに掲げた、未来に向かうブラックの新しいスタイル「BLACK TO THE FUTURE」を3つのテーマで構成したビデオアートは、150平方メートルのアイスリンクが撮影スタジオ! 210キロのシベリアンタイガーをドイツから運び込んだりと、 ユニークなスタイルでファッションとアートの融合を表現。ディレクションを担当したのは、FURLAのアートプロジェクト「#CANDYCOOL」のディレクターでもある新進イタリア人アーティストのDavide Bedoni(ダヴィデ・ベドーニ)。

女性らしさやエレガンスさをもった繊細なイメージによって描かれた今回の作品。アートな感性にあふれるビハインド ザ シーンから、フレッシュなインスピレーションをキャッチすれば、きっとこの秋冬にマッチするMy Bagが思い浮かぶはず。