記事一覧

ジョガータイプのネイビーカーゴパンツでスポーツテイストとラギッドテイスト

アップロードファイル 13-1.jpg

ネイビーのタートルネックニットとネイビーパンツの組み合わせでトーンオントーンを表現したスタイリング。ニットとレイヤードしたインナーと、ハイカットスニーカーでホワイトを差し込むことでメリハリのある表情を生み出している。裾がリブ仕様になったカーゴパンツがスポーツテイストとラギッドテイストを同時にプラス。

異なる素材の質感でメリハリをきかせたネイビーパンツコーデ
ナイロン素材のネイビーステンカラーコートにクリーンな印象を与えるローゲージの白タートルネックニットを合わせて、素材の質感でメリハリをきかせたコーディネート。ボトムはネイビーパンツと白スニーカーを合わせ、ネイビー×ホワイトの2色で全体をまとめることによって、着こなしの洗練度を高めている。

ネイビーと白のコントラストを効かせクリーンにまとめたネイビーパンツコーデ
ネイビーのショート丈コートに白のタートルネックニット、テーパードシルエットのネイビーパンツを合わせ、クリーンにまとめたジャケパンコーデ。すっきりとした無駄のないシルエットでスタイルをまとめ、ネイビーと白のコントラストを効かせたスタイリングだ。

エレガントな雰囲気でシンクロさせたグレーコートとネイビーパンツのコンビネーション
ライトグレーのチェスターコートとネイビーパンツのコンビネーションでエレガントな雰囲気をシンクロ。ウエストからスタッズベルトとシルバーチェーンをチラ見せすることで、スタイリッシュなコーデの中にラギッドな隠し味を取り入れ。

やんちゃテイストでアクセントを効かせたネイビーパンツの冬コーデ
ドレスなスタイルにシンクロしながら、カジュアルにもマッチして余計なやんちゃテイストをほどよくセーブするネイビーパンツ。同系色のデニムジャケットとももちろん相性抜群で、違和感を感じさせないスタイルをコーデ可能。

やんちゃテイストでアクセントを効かせたネイビーパンツの冬コーデ

クラシックな雰囲気とモダンなエレガンスを両立させたブラウンチェック柄コートとネイビーパンツのコーディネート
ブラウンのチェック柄ダブルコートでクラシックな雰囲気を演出し、ネイビーのトーンオントーンでまとめたジャケパンスタイルでモダンなエレガンスを体現した冬コーデ。チェック柄コートのアクセントカラーであるネイビーがアイテムそれぞれにしっかりリンクし、コーデの統一感を高めながら大人のシックな艶やかさを際立たせている。

クラシックな雰囲気とモダンなエレガンスを両立させたブラウンチェック柄コートとネイビーパンツのコーディネート

黒のマウンテンパーカーにグレーのタートルネックニット、ネイビーパンツと黒スニーカーをコーデしたスタイリッシュなアーバン・アウトドアスタイル。すっきりとして無駄のないテーパードシルエットのネイビーパンツでコーディネートをブラッシュアップし、パンツの裾とスニーカーの間に柄ソックスを覗かせさり気ないアクセントをプラスしている。

グレンチェック柄チェスターコートにイントレチャート編みタートルネックニット、ネイビーのプリーツパンツとヴァレンティノの白スニーカーを合わせ、素材感でメリハリをきかせた冬コーデ。英国調の柄アイテムは今季も継続して人気を集めているが、さらにトレンドコンシャスな装いを作るならボトルグリーンを取り入れるのも◎ オリーブのようなミリタリーテイストを感じさせるグリーンとは異なり上品な雰囲気を漂わせる。

トーンオントーンでシックにまとめ、素材感を際立たせたネイビーツイードダブルコートとネイビープリーツトラウザーズのコーディネート。足元に黒レザーのサイドゴアブーツを合わせ、スタイリッシュにブラッシュアップすることで、無駄のないシルエットに。

グレーコートとネイビーパンツのコンビネーションで洗練度を高めたスタイリング。ヘアーカラーにほどよくマッチした渋グリーンのタートルネックセーターをインナー使いし、グレーとネイビーにコントラストを効かせることでメリハリを演出。コートとパンツの丈感とシルエットも絶妙だ。

こなれと遊びをほどよく効かせたネイビーパンツのカジュアルコーデ
こなれと遊びをほどよく効かせたネイビーパンツのカジュアルコーデ。グレーニットの裾からチラ見せした白Tシャツでこなれ感を演出し、ロールアップしたパンツとスニーカーの間に柄ソックスを覗かせ遊びをプラスしている。

白スニーカーのこなれ感が際立つネイビーパンツのジャケパンスタイル
白スニーカーのこなれ感が際立つ、ネイビーのトーンオントーンでまとめたジャケパンスタイル。いまどき感覚を捉えた腰ゆるシルエットのネイビーパンツで洗練度を高めたコーディネートだ。

落ち着きのある大人顔に仕上げたネイビーパンツのコーディネート
控えめなコントラストで落ち着きのある大人顔に仕上げたネイビーパンツのコーディネート。マイルドでナチュラルなキャメルのタートルネックニットをインナー使いし、ネイビーアイテムの持つ上品な奥ゆかしさとシンクロさせている。

美脚シルエットのネイビーパンツでトーンオントーンコーデの洗練度を高める
グレーのチェック柄ジャケットでアクセントを効かせ、美脚シルエットのネイビーパンツでトーンオントーンの洗練度を高めたコーディネート。ブルーを差し色に使ったチェック柄ジャケットでネイビーアイテムにそれぞれリンクさせ、上品でまとまりのあるスタイルに仕上げている。

美脚シルエットのネイビーパンツでトーンオントーンコーデの洗練度を高める

シックな雰囲気を軽やかに仕上げたグレーコートとネイビーパンツのコーディネート
ネップツイードのグレーコートとすっきりとしたストレートシルエットのネイビーパンツのコーディネート。シックで上品なアウターとボトムスのコンビネーションにネイビーのニューバランスを合わせ、スポーティーで軽やかスタイルに。首元からチラ見せした白Tシャツと、スニーカーの白ディテールのリンクもさり気ない。

シックな雰囲気を軽やかに仕上げたグレーコートとネイビーパンツのコーディネート

凛とした雰囲気を際立たせたネイビーパンツのジャケパンスタイル
ポケットチーフをあしらったチェック柄ジャケットにタイドアップした白シャツ、ネイビースラックスを合わせ、凛とした雰囲気を際立たせたビジネス・ジャケパンスタイル。グレーからブラウンへグラデーションがかったヘアーカラーとテーラードジャケットマッチさせ、シックな艶やかさを演出。エレガントで落ち着きのあるネイビースラックスでコーデを引き締めている。

凛とした雰囲気を際立たせたネイビーパンツのジャケパンスタイル

チェック柄ジャケットでアクセントを効かせたネイビーパンツのコーディネート
ネイビーのトーンオントーンにチェック柄ジャケットでアクセントを効かせたネイビーパンツの冬コーデ。ロングコート、タートルネック、ボトムス、ソックスをすべてネイビーでまとめ、エレガントなスタイルを構築。チェック柄ジャケットのアクセントカラーとブラウンレザーのウィングチップをリンクさせ、洗練度を高めたスタイリングだ。

チェック柄ジャケットでアクセントを効かせたネイビーパンツのコーディネート

グレージャケット×ネイビーパンツのジャケパンスタイルをスニーカーでカジュアルダウン
グレージャケットに配されたブルーのウインドウペーンをピックアップするように、ネイビーパンツとブルーのソックスを取り入れたジャケパンスタイル。タイドアップせずにスニーカーを合わせた装いが気張らない印象に。

グレージャケット×ネイビーパンツのジャケパンスタイルをスニーカーでカジュアルダウン

マウンテンパーカーとドレッシーなネイビーパンツを組み合わせたミックススタイル
オリーブグリーンのマウンテンパーカーにネイビースラックスを合わせたミックススタイル。ほどよくくつろぎのある表情を演出してくれるローファーをセットすることで、スポーティな着こなしながら品のある雰囲気もキープしている。

マウンテンパーカーとドレッシーなネイビーパンツを組み合わせたミックススタイル

巧みな小物使いでボリュームを出したチェスターコートにテーパードのきいたネイビーパンツでVラインを表現したコーディネート
ストールを入れ込んでボリュームを持たせたチェスターコートと、テーパードのきいたネイビーパンツで緩やかなVラインを演出。Vラインは上半身の主張が強く重いイメージになりがちだが、ボトムに白スニーカーを取り入れれば軽やかに見せることができる。シックなカラーリングのなか、サングラスのフレームが差し色としてアクセントに。

巧みな小物使いでボリュームを出したチェスターコートにテーパードのきいたネイビーパンツでVラインを表現したコーディネート

ダウンジャケットとランニングシューズを合わせることでスポーツテイストを強めた着こなし。ボリューミーなシルエットのアイテムを取り入れる場合、スニーカーなどで軽快な印象をプラスするとコーディネートがバランスよく仕上がる。

元「アイスクリーム」編集長による食雑誌の常識を覆した「ライス」はいかにして生まれたか

アップロードファイル 11-1.jpgアップロードファイル 11-2.jpgアップロードファイル 11-3.jpg

“lifestyle for foodies”をテーマに掲げ2016年に創刊した「ライス(RiCE)」は、「アイスクリーム(EYESCREAM)」で創刊以来編集長を12年間務めた稲田浩さんが独立して立ち上げた雑誌だ。3月に10号目を発行した稲田さんに、約25年にわたる編集人生についてと「ライス」に込めた思いを聞いた。

2010年代から世界中で食をテーマにしたインディペンデント誌の創刊が相次いでいる。アメリカ発のコーヒーカルチャーマガジン「ドリフト(DRIFT)」、同じ編集チームによる食をテーマにした「アンブロシア(AMBROSIA)」、毎号ユニークなテーマで食に迫るアメリカ発の「ギャザージャーナル(GATHER JOURNAL)」、独特のビジュアルが目を引くスペイン発の「フエ(FUET)」、ファッション誌の元ビューティ・ディレクターによるアメリカ発の「チェリーボンベ(CHERRY BOMBE)」など挙げればキリがない。

その中でも、食をひとつのカルチャーと捉え、食のルーツや食糧問題、おいしい本や映画、食のあるファッションフォトなど幅広いジャンルを軽やかに横断しながら食文化を発信している点で、「ライス」はユニークな存在といえるだろう。その背景には稲田さん自身の編集経歴がある。

1969年生まれの稲田さんは、大学に進学するために大阪から上京した。「今みたいにインターネットもない時代で、みんなお金もないのに大量のカルチャーを摂取していた時代だったんですよね」と当時を振り返る。高校生の頃から映画が好きで、学生時代はシネマ研究会に所属。卒業後はシンコーミュージックに入社した後、縁あってロッキング・オンに移った。「まず配属されたのが邦楽雑誌『ロッキング・オン・ジャパン(ROCKIN'ON JAPAN、以下ジャパン)』でした。当時売れている邦楽雑誌がたくさんある中で『ジャパン』は硬派な路線を貫いていたので、配属当初は売り上げがあまりよくなかったんです。いきなり『ジャパン』をどうするかというブレスト会議から始まりました」。

「ジャパン」に在籍していた半年間のうちにリニューアルを敢行。在籍中後半に渋谷系の音楽ムーブメントが始まると同時に「ジャパン」の売れ行きがよくなり、新しい流れを感じたという。その後、「エイチ(H)」「カット(Cut)」の編集を経験。「ロッキング・オンにいた10年間のうち5年半『カット』に在籍していたので、自分の編集者としての地盤はそのときにできたのだと思います。もともと映画好きだったこともあり、自分なりの知識も役立ちました。専門的なことよりも、今起こっているカルチャーや映画・音楽とアート・ファッションのつながりが好きだということにも気づいたんです」。

その後、洋楽雑誌「ロッキング・オン(rockin’on)」に異動。「僕が入社したときは洋楽の盛り上がりがあったけど、だんだん『ジャパン』の方が勢いがついてきて『ロッキング・オン』は少し部数が落ちていた時期でした。シーンが元気じゃなかったら自分たちで工夫するしかないということを、当時からの編集長である山崎洋一郎さんから学びました。アゲインストの中で戦うという感じだった気がします」。

そうして社内の多くの編集部を経験した稲田さんは、自分なりに作りたい雑誌がぼんやりと浮かんでいたということもあり、悩み抜いた末に退社を決意した。

その後、入社した会社で創刊したのが「アイスクリーム」だ。「アイスクリームという言葉を耳で聞いたらポップだけど、英語で表すと“目がスクリームする”という、見た目がすごく尖っていますよね。そのギャップが面白いと思って。尖っているものの中で一番メジャーで、メジャーなものの中で一番尖っているというポジションの雑誌がありそうでないなと思ったし、そういうカルチャーが当時起きていると感じたので、ハマるものを作りたいと考えたのが最初のイメージでした」。

2004年の創刊当初から月刊で発行(現在は季刊)。途中で発行元が4回変わったが、途切れることなく12年間作り続けた。「やり切ったという気持ちがあったのですが、雑誌は続いてほしいなと思ったんです。自分が離れても作り続けられる体制が最後の方にはあったので、次のことをやろうかなと。それが『ライス』です。いろんな雑誌を作らせてもらいながらもずっと組織に依存していたので、そろそろ自分の力でやってもいいかなという思いもありました。決断するときって理由は一つではないですよね。さまざまなことが重なって今だと感じ、辞めた後、すぐにライスプレスという出版社を作りました」。

カルチャー誌から食の分野へ。いつから構想が浮かんでいたのだろうか。「09年に映画『イートリップ(eatrip)』が公開されたときに、“食”という特集で『アイスクリーム』で何かできるのではと感じたのですが、当時はあいにく実現しませんでした。自分の中で心残りがあったんです。あの映画をきっかけに食のドキュメンタリー映画もどんどん出てきて、『ごはん映画祭』も始まり、映画に“食”という一つのジャンルができたように感じました。一方音楽のフェスに行くと、食のクオリティーが上がり、ファッションの分野でもセレクトショップに行くと食が集客を担う一部になっている。世の中のベクトルが食に向かっていることを感じました。だったら食を中心にした雑誌を作るのが、今のタイミングにフィットするのではと思ったんです」と稲田さんは話す。

もう一つ大きなきっかけとなったのが、レストラン「サーモンアンドトラウト」の存在だという。シェフの森枝幹さんと意気投合し、一緒に作ることを決意した。

日本で発行されている食の雑誌は、料理のシズル感を写真で伝えるためツルッとしたコート紙が主流だ。表紙も写真を使用することが多いが、「ライス」はイラストを表紙にし、マットな紙を使用。「ないものを作りたいという気持ちがありました。せっかく今の時代にあえて紙で作るのだから、触ったときの感覚や紙の匂いが感じられるものにしたいと思いました」。イラストは20年来の友人でもあるという下田昌克さんが創刊から手掛けている。

創刊号の特集は、ごはん。その後は、魚、カレーライス、甘味、日本酒、ラーメン、サンドイッチ、クラフトビール、牛肉、蕎麦と続く。季節感も考慮した上で流れを意識しながら決めるという特集は、「毎号がその時々の答えでもあるけれど、雑誌は続くので点と点が線になっていきますよね。その線を意識しながらどうポイントを使うかと考えているところもあります」。

コンテンツごとにベースカラーが変わるカラフルな誌面デザインは、ページをめくるうちにいつの間にか奥深い食の世界へ誘ってくれる。ポップなファッション企画から、シリアスな食糧事情を伝えるコンテンツ、フードアイテムのスタイリングページ、エッセーなどをゆるやかにつないでいく編集が、「ライス」の醍醐味といえるだろう。

9号目からは、コンテンツ紹介ページに「Appetizers」「Aperitif」「Main Dishes」「Side Dishes」「Desserts」と表記されるようになった。1冊をまるで1つのコース料理と捉えるコンテンツの作り方がユニークだ。

「結局カルチャーは、一つのことを取り上げてもそれは一つの断面でしかありません。いろんな面があることで総体が見えてくる。そういう意味では10号まで発行したことで、10面見せられたということだと思うんです」。

季刊誌である「ライス」は新しい元号に変わった後、11号目が発売予定だ。「よく考えたら、大人になるまでは昭和の時代を過ごし、平成を迎えたのが20歳。そこから50歳までがちょうど平成で、新しい時代を迎えると思うと区切りがいいですよね。次の号では思い切った変化も目論んでいます」。

最後に稲田さんが大切にしていることを聞いた。「僕が編集をやってきて学んだことは、続けることが雑誌作りの大事なところということです。1号だけ作ることは誰でもできると思うんです。雑誌は続けないと意味がない。続けられるかということで、雑誌の意味が見出せるのではないかなと思っています」。

「ライス」は今後どのように進化していくのだろうか。読者とコミュニケーションが取れるイベントにも力を入れていきたいと話す稲田さんが作る雑誌を、私はこれからもずっと楽しみにしている。

高山かおり:独断と偏見で選ぶ国内外のマニアックな雑誌に特化したオンラインストア「マガジンイズントデッド(Magazine isn’t dead. )」主宰。本業は、東京と甲府の2拠点で活動するライター、編集者。北海道生まれ。北海道ドレスメーカー学院卒業後、セレクトショップの「アクアガール(aquagirl)」で販売員として勤務。在職中にルミネストシルバー賞を受賞。その後、4歳からの雑誌好きが高じて都内書店へ転職し、6年間雑誌担当を務める。18年3月に退社して現在に至る。

自分だけのRay-Banサングラスが作れる『Ray-Ban REMIX』がスタート!

アップロードファイル 10-1.jpgアップロードファイル 10-2.jpg

紫外線が気になる夏の必需品、サングラス。でも、こだわりの多いナイロニスタには、お気に入りの一本がなかなか見つからないという人も多いのでは。そこでオススメなのが、Ray-BanのオフィシャルECサイト限定サービス『Ray-Ban REMIX』!

世界で一つだけ、自分好みのRay-Banサングラスを作ることができるこのサービス。テンプルカラー、レンズ、フレームなどを自由に組み合わせられ、テンプルと付属のケースには文字入れが可能!ベースモデルはアビエーターやウェイファーラーなどの人気10種類から、カラーは114色から選択でき、完全オリジナルのデザインを実現できる。

オーダーしてから2週間で手元に届くというスピーディさもうれしいポイント。7月上旬にサービススタート予定なので、気になる人は忘れずチェックして!

「ピッティ」で見た紺ブレの孤軍奮闘

アップロードファイル 8-1.jpgアップロードファイル 8-2.jpgアップロードファイル 8-3.jpg

ジャパン編集部の「アメトラ」担当を自認する僕が、イタリア・フィレンツェで開催中のメンズファッション最大の見本市、「ピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGINE UOMO以下、ピッティ)」の取材に3年半ぶりに来ています。ミッションはあれこれあるのですが(近日こちらで公開予定です!)、個人的に楽しみだったのは「アメトラの盛り上がり」でした。というのも欧州の各コレクションで、トレンドキーワードとしてじわりと来ていると聞いていたからです。

「ピッティ」3日目を終えての感想は、ぜんぜん「来ていない」です(笑)。少なくとも来場者の装いに、それを感じることはできません。目に付くのは、いまだ上下をピンクやイエロー、グリーンのスーツで固めた“ピッティくん”たち。もはや風物詩であり、「ああ、『ピッティ』に帰ってきたんだな」と感じることさえできます。

勝手に肩透かしを感じていたのですが、そんな中で孤軍奮闘する3つの事象を紹介します。

1つ目は、1923年創業の英国ブランド「グレンフェル(GRENFELL)」のジョスリン・クラーク(Joslyn Clarke)=ヘッドデザイナーの着こなし。アメトラを代表するアイテムである紺色のブレザー(紺ブレ)は、数シーズン前の同ブランドのもので、胸のワッペンは自分で付けたそう。3つボタンの前合わせを、あえて上1つ掛けにしています(本来のアメトラ的着こなしとしては、中1つ掛けが絶対!)。ネクタイはやはりアメトラの象徴であるレジメンタルストライプで、そこにチェックのストールを“柄オン柄”しています。パンツはジーンズで着くずし、その足元は「グレンフェル」と同じ英国ブランドの「クロケット&ジョーンズ(CROCKETT & JONES)」。アイビーやプレッピーのマストアイテムであるサドルシューズを選ぶあたり、しびれてしまいます!ちなみに「グレンフェル」は、日本では2017年秋に伊藤忠商事が独占輸入販売権を取得し、子会社のコロネットを通じて販売しています。

2つ目は、今回「ピッティ」に初出展しているオンワード樫山の「J.プレス(J.PRESS)」ブースで見つけた、裏地がタータンチェックの紺ブレです。同ブランドは1902年に米国・コネチカット州で誕生し、アイビーリーグ8校の1つ、イェール大学と共に歴史を重ねました。紺ブレはブランドのアイコンアイテムであり、「ナチュラルショルダー、ボックスシルエット、センターフックドベント」が特徴です。商品担当の加藤真郷さんが、「これまでヨーロッパは『J.プレス』にとって未開拓の地でした。『J.プレス』=紺ブレの既成概念がない新客に好評いただいています」と教えてくれました。

取材時の僕の格好。紺ブレは5年ほど前に買った「J.プレス」。「よいものを長く着る」のもアメトラの大事な精神の一つ

3つ目は(いささか、おこがましいのですが……)ここまで書いてきた僕の取材時の格好です。アメトラの第一礼装である紺ブレを軸に、Vゾーンは「ブルックス ブラザーズ(BROOKS BROTHERS)」のボタンダウンシャツと米国のネクタイブランド「アイビープレップスター(IVY PREPSTER)」のボウタイで構成してみました。いずれもメード・イン・USA。自由の女神を刺しゅうしたスエットで、米国愛をごり押ししています(笑)。

ピッティ」全体の取材を通じて感じているのは、「英国的チェック」の健在ぶり。それらは、さらなる変化を遂げて“攻めるチェック”となっています。このあたりはしっかり紙面で記事にするとして、アメトラの聖地である米国東海岸は「ニューイングランド」とも呼ばれ、英国と切っても切れない関係にあります。つまり英国的チェックのあとには、やはりアメトラが来るのでは?というのが僕の希望的推測です。7~8年前に「ピッティ」来場者がこぞって米国ブランド「レッド・ウィング(RED WING)」のブーツを履いたように、米国ファッションがもう一度「ピッティ」を席巻する日も近い!?――そんな夢を思い描いて。

コーチジャケットのメンズコーデもご紹介

アップロードファイル 5-1.jpgアップロードファイル 5-2.jpgアップロードファイル 5-3.jpgアップロードファイル 5-4.jpgアップロードファイル 5-5.jpg

ヒップホップブームが再来したこともあり、感度の高いファッショニスタたちから熱い視線を浴びている「コーチジャケット」。ストリートコーデやスポーツミックスコーデと相性がよいことや、サッと羽織れる気軽さが魅力です。

今回は、旬なアウターであるコーチジャケットのおすすめブランドと人気モデルをご紹介します。着こなしの参考になるコーディネート例もぜひチェックしてみてください。
コーチジャケットは、もともとアメフトのコーチが着用していたモノと言われています。それが現在のようにファッションアイテムとして注目されるようになったのは、人気ヒップホップアーティストが好んで着用したことがきっかけといわれています。

コーチジャケットの主な特徴は、襟付きであること、袖口がキュッと絞られた形をしていること、そして裾口に紐やゴムが付いていること。素材にはナイロンを採用したモノが一般的です。
密接な関係にあるヒップホップとスケートカルチャー。ヒップホップから人気に火が付いたコーチジャケットは、自然とスケーターたちが着用するアイテムとして浸透していきました。

ファッションアイテムの歴史を知れば、着用する際の気持ちも変化するもの。サブカルチャーと深くつながっているコーチジャケットは、その出自からして魅力的な要素を持っているアイテムであるといえます。
アメフト、スケートボードと、スポーツシーンでの活躍を通して進化してきたコーチジャケット。ファッション性だけでなく、アクティブな場面でパフォーマンスを発揮する機能性も持ち合わせたアイテムである点も魅力のひとつです。

ナイロン素材が使われることが多いコーチジャケットは総じて軽量で、かつ適度な保温性を有するのが特徴。春と秋が主要な活躍時期ですが、なかには裏地にフリースやボアを配し、冬用アウターとして活躍できるモノもリリースされています。
コーチジャケットの人気が高まったことで、以前よりデザインのバリエーションは増加しているものの、基本的にはシンプルなデザインのアイテムが多め。ほとんどは無地で、装飾も胸元にワンポイントとしてブランドロゴが入っている程度です。

そのため、一見スポーツ色が強く難しそうなアイテムにも見えますが、コーディネートへ取り入れるハードルはそれほど高くありません。シンプルなインナー、ボトムスの組み合わせにサッと羽織る感覚で、気軽にトライしてみてください。
前述した通り、コーチジャケットの基本素材はナイロンです。ただし、ナイロンの種類やデニール数などによって質感はさまざま。そのため、ナイロン製のコーチジャケットは光沢感が際立つモノもあれば、ややマットな質感のモノもあります。

光沢感があるほど見た目はカジュアルな印象になり、逆にマットなモノは大人っぽく着こなせます。自分のファッションスタイルに合う素材感のアイテムをチョイスしましょう。

また、最近ではレーヨン、コットンなどナイロン以外の素材を用いたコーチジャケットも登場しています。他の人とか被らないアイテムが欲しいと考えている方は、素材にも注目しつつチェックしてみてください。
最も汎用性が高く使い勝手がよいカラーはやはり黒。インナー、ボトムスがどんなカラーでもまとまりやすく、着回し力は抜群です。コーデのカラーリングに自信がない方は、まず黒からトライすることをおすすめします。
大人らしい着こなしを目指す方におすすめなのはネイビーとグレー。キレイめコーデに変化を付けるアイテムとしてコーチジャケットを取り入れる場合にも使いやすい色味です。マットな素材感のモノなら、より落ち着きのある印象を与えられます。
スポーティーさを少し緩和したいなら、ベージュカラーのアイテムをチョイスしてみてください。優しいカラーの効果で、ほどよいカジュアル具合に落ち着きます。他カラーと調和しやすく、コーデに取り入れやすいのもおすすめポイントです。
意外と着こなしやすく、かつ凡庸な印象を与えないカーキ。トレンドのコーチジャケットをこなれたイメージで着用したい方におすすめのカラーです。インナー・ボトムスの合わせ方次第で、無骨な感じにも、シックにも着こなせます。
オリジナリティー溢れる着こなしを楽しみたい方は、レッド・ブルー・イエローなどの派手めのカラーにも目を向けてみましょう。コーチジャケットが持つスポーティーさと相まって、パンチの効いたコーディネートが完成します。
街着として違和感なく着こなすには、ジャストサイズを選ぶのがベター。定番のスポーツミックスコーデもスッキリとまとまります。ストリート色を強めて着用したい場合はややルーズなサイズ感のモノをチョイスするのもアリですが、だらしない印象を与えないよう、適度なラフさを心がけましょう。

シンプルに徹したデザインで、コーチジャケット入門にふさわしい1着。襟や袖口の絞りはもちろん、ナイロン素材の質感やサイドジップ付きポケットなど、ディテールまでコーチジャケットの原型を意識した作りに仕上がっています。

胸元には、アディダスオリジナルスの象徴である「トレフォイル」のラバープリントをオン。カジュアルに振り切るもよし、あえて大人らしい着こなしに合わせるもよしと、幅広い活躍が期待できるおすすめアイテムです。
スポーツアイテムの定番ブランドとして親しまれている「アディダス」。2001年からはストリートスポーツウェアブランド「アディダス オリジナルス」を展開し、コーチジャケットを含むストリート系コーデと相性のよいアイテムを数多くリリースしています。シンプルなデザインのモノが多く、トライしやすいブランドです。
ストリート系の流れを汲むコーチジャケットの魅力を凝縮しつつ、好感度高めのスポーティーなイメージに仕上げた1着。腕や背中にあしらわれた大胆な刺繍とグラフィックが、デザインにインパクトを加えています。

ラフすぎないレギュラーフィットで、今っぽいシルエットに着こなせるのもおすすめポイントです。内側にはキルティングのライニングを施しているため、保温性も十分。同じくスポーティーなジョガーパンツを合わせれば、こなれた着こなしが可能です。

「リーボック」は、1895年にスタートした歴史あるブランドです。ブランドのミッションとして掲げるのは、「フィットネスを通じて、自らの可能性を最大限に高める」こと。最新テクノロジーを駆使したシューズはもちろん、アパレルにも力を入れており、豊富なアイテムを揃えています。
オーセンティックなアイテムが揃う「リーボッククラシック」ラインのコーチジャケット。飾りすぎないデザインに、コンセプトが色濃く表れています。滑らかなサテン地はテカテカしすぎない光沢で、都会的な着こなしに合わせるアウターにもぴったりです。

着丈はやや長めで、ルーズ感のある着こなしを好む方にもおすすめ。撥水加工を施し、機能性を高めてあるのでデイリーユースアイテムとしても使いやすい1着です。

スポーツシューズの開発からブランドの歴史をスタートさせた「ナイキ」。エアマックスをはじめ、数々の名作シューズを世に送り出してきました。現在はシューズ以外に、機能性とデザイン性を兼ね備えたウェアも充実。鮮やかなカラーラインナップも魅力のひとつです。
ナイキのスケートボードライン「ナイキ エスビー」からリリースされた本製品は、多彩な着こなしが楽しめる有用な1着。もちろん、スケードボードの激しい動きにも対応する機能性も十分に備えています。

また、豊富なカラーバリエーションも注目ポイント。定番カラーから美しい発色の新鮮カラーまで揃っており、自分の着こなしにぴったりのモノが見つかります。人とかぶりにくいカラーのアイテムを探している方もぜひチェックしてみてください。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ